未成工事支出金

未成工事支出金とは、まだ完成していない工事に対して支出した工事原価で、そのままでは販売できない未完成品を計上する科目。仕掛品の一種であり、貸借対照表では流動資産に属する。

期末売上と費用の計上を対応させるために、売上として計上するまで棚卸資産として計上することになる。

仕訳例として期末の棚卸で、未成工事支出金棚卸高500万円を資産に計上した場合、

借方 未成工事支出金 500万 / 貸方 期末未成工事支出金棚卸高 500万

となり、期首に前期末の未成工事支出金500万円を振り替える場合、

借方 期首未成工事支出金棚卸高 500万 / 貸方 未成工事支出金 500万

となる。