材料株

材料株とは、株式の市場用語で、有力な新商品の開発、増資や増配など、その会社固有の株価を動かす材料を持っている株のこと。株価は、全体的な相場の流れと同時に、個別の企業が抱えている材料に反応して上昇や下落をするが、業績向上に関する情報や、新技術開発など株価を押し上げる材料を「好材料」または「買い材料」、会社の不祥事や無配転落など株価を押し下げる材料を「悪材料」または「売り材料」という。一般的に材料と言えば好材料を指すことが多い。このような株価の上昇につながる好材料が予測されているにもかかわらず、企業がそれをまだ発表していない状態の時には催促相場になる可能性もある。また、「新製品開発の噂がある」とか「有力企業と提携の話がある」といったことで買われていたりするような、業績の裏付けが無いものの売買の手掛かりになるような仕手株に近い銘柄のことを指すこともある。