材料難

材料難とは、株式の用語として用いる場合、材料相場を動かす要因を意味する。そのため、材料難とは材料が乏しいために相場の情勢がはっきりせず、売買が控えられて、見守るような雰囲気が強いことを指す。一般的に景気の上昇期や下降期には多くの材料があるが、安定期には材料難となることがある。

ちなみに、この状態で相場全体が止まり、材料が現れるのを待っている市場人気を「材料待ち」という。

また、好材料や悪材料が出ても、既に株価に織り込み済みで反応しない、あるいは逆の動きを示すような状態を「材料出つくし」という。