東京オフショア市場

JOMJapan Offshore Market

東京オフショア市場とは、円の国際化を図るために1986年12月に創設された、非居住者が自由に参加できる市場のこと。非居住者(外国に住んでいる個人や外国企業)から預金を受け入れ、これをほかの非居住者に貸し出すことを目的としている。国内の金融市場とは分断されていて、金利規制、源泉税などはなく、制度や規則などに制約が少ない。日本の金融機関が取引を行う場合には、財務大臣の承認を得て「特別国際金融取引勘定」を開設し、通常の国内資金取引とは区別を行う必要がある。