株主優待制度

株主優待制度とは、企業が自社の株主に対して、配当のほかに商品券や各種サービス券、自社製品などを提供する制度。株主に対して特別なサービスを行うことによって、自社の株をより魅力的なものにしようとする目的がある。多くの企業がこの制度を採用しているが、優待の具体的な内容は企業によってさまざまである。企業からすると配当として現金を支払うよりも自社の製品を配るなどしたほうが負担は小さくなり、株主からすると優待の内容にもよるが現金をもらうのと同じくらいの嬉しさがあるので、少ない負担で大きな価値を株主に与えることができる制度といえる。注意点としては、企業によっては保有している株数によって優待の内容が異なる場合が多いこと、株主優待を受けるには、会社が定めた権利日といわれる日に株主名簿に名前が記載されている必要があること、会社の業績などのよっては株主優待が廃止されることがあるなどがあげられる。株主優待については会社四季報や会社情報などの巻末に記載されており、株を購入する際に参考にするとよい。