株主名簿

株主名簿とは、株式の発行会社が、株主を把握するために作成する帳簿のこと。

株主の氏名、住所、保有株式数、取得年月日など株主や株券およびこれに関連した事項を記載した帳簿である。株式会社は株主名簿を作成し会社に備え付ける義務があり、必要があれば株主からの閲覧請求に応じなければならない。

株主になるためには、株式を取得するだけではなく、株主名簿管理人(名義書換代理人)によって名義書換などの手続きが行われる必要があり、株主名簿に記載される必要がある。よって、実際に株主名簿を作成、管理するのは各発行会社に指定された信託銀行などの株主名簿管理人である。株主名簿に名前を記載し忘れると、株主としての権利を得ることができず配当金を受け取ることもできない。また、株式の譲渡は、株券の交付によって当事者間ではその効果を生じることになるが、株主名簿に記載されなければ、株主としての権利を行使することはできない。株式の売買に伴う株主の変更は名義書換手続きを通じて行われるが、現在では保管振替制度を利用し、株主名簿とは別に実質株主名簿が作成されている。

このように、株主名簿では分からない実質的な株主を特定したい場合や、海外株主のように、株主名簿では名義人である保管銀行名までしか把握できない場合、実際に企業の株式へ投資を行なっている機関投資家を運用意思決定者のレベルまで特定したい場合には、信託銀行などが行う株主判明調査などを利用し情報を得ている。