株券等貸借取引

【 ストックレンディング 】 貸借取引

株券等貸借取引とは、貸し手から借り手が、貸借料を支払って株券などを借入れ、あらかじめ決められた期間を経過した後、借入株券等と同種・同等の株券などを返還する取引のこと。株券等貸借取引ともいわれる。証券会社や金融商品仲介業を行う銀行などによっては、通常の株券等貸借取引に、特別の条件をつけた約束である「特約」を付与した、特約付株券等貸借取引または条件付株券貸借取引などもある。この場合の特約とは、基準価格で貸借対象株券等を買い取る権利であり、株券の貸し手から株券の借り手(証券会社など)へ付与する。評価日に評価価格が基準価格以上であれば、借り手は特約を行使して株券を基準価格で買い取り、貸し手は特定金額を取引決済日に返還する仕組みである。