株式の希薄化

【 株式の希釈化 】 希薄化 / ダイリューション

株式の希薄化とは、企業が新株発行をすることで、1株あたりの価値が小さくなること。新株が発行されると、全体の株数が増え、既存株主の保有割合が下がることになり、株主の議決権も相対的に減ることになる。株式の希薄化により、株価は下落する傾向にある。

ただし企業が増資することによって、財政面に余裕が出て成長することで、増資しなかった場合よりも利益を多く出すことができれば、長期的には1株あたりの価値は下がらずに、上がる場合もあり得る。

しかし、企業が株式を増資して新株発行をした段階では、将来的に収益を上げられるかが判断できないため、一時的に株価が下がる傾向にある。