棚卸資産

inventory assets

棚卸資産とは、棚卸資産とは、企業の営業において販売目的で所有する資産のことであり、主に商品や製品等を指す。棚卸資産を貸借対照表に計上する場合には、その資産の取得原価を貸借対照表価額とする原価法と、その資産の価額が取得原価より下落した場合にはその時点での時価を貸借対照表価額とする低価法が存在し、いずれかの選択適用が認められていた。しかし、企業により評価方法が異なることの是非や、国際的な会計基準との調和の観点から低価法のみを認めるという基準へと改正がされた。この新基準は平成20年4月1日以後開始する事業年度から採用されることとなった。