業況判断DI

【 日銀短観DI 】 business sentiment Diffusion Index

業況判断DIとは、企業の景況感を表す指数で、日本銀行企業短期経済観測調査(短観)で公表される。

調査は年に4回、四半期ごとに企業を対象として行われる。3,6,9月の結果は翌月の初旬に、12月の結果はその月の中旬に公表される。

指数の項目には製造業と非製造業がある。特に、在庫の影響を受けやすい製造業の景況感は、景気に対して敏感に反応するので、大規模製造業の業況判断DIが毎回注目される。

調査では、企業に対してアンケートが行われる。ここでは、収益を柱とした業況の「最近」と「先行き」の全般的な判断について、「良い」、「さほど良くない」、「悪い」の3つから選ぶ。そして、「良い」と「悪い」の回答企業割合の差をポイントで示す。中立がゼロであるため、プラスとなれば景気が良く、マイナスとなれば景気が悪いと判断される。

ただし、あくまでも各企業の主観による回答を客観的に集計した数字なので、日本銀行による業況判断を表すものではない。