次世代自動車

次世代自動車とは、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、燃料電池車、クリーンディーゼル車、天然ガス自動車などの総称。ガソリン等の化石燃料をまったく使用しないか、使用を大幅に減らした自動車であり、CO2の削減の効果が期待できる。

2008年、地球温暖化防止を目指して環境省が提出した「低炭素社会づくり行動計画」が閣議決定され、その中で「次世代自動車」という言葉が定義された。2020年までに新車販売の2台に1台の割合で次世代自動車を普及させるという目標のもと、現在では自動車税自動車取得税自動車重量税の減免措置がとられている。

その後、2010年に経済産業省が発表した「次世代自動車戦略2010」では、次世代自動車の普及目標値が2020年までに20 50%、2030年までに50 70%と定められた。また、2020年時点で次世代自動車と環境性能に優れた従来車を合わせた「先進環境対応車(ポストエコカー)」の新車販売割合を80%にすることが目標とされた。