決算賞与

決算賞与とは、企業の決算期に従業員へ支給される賞与のこと。企業の業績が良かった場合に従業員へ還元することで、従業員のモチベーションを高めるとともに、利益を経費に計上することで企業にとっては節税対策にもなる。

決算賞与は原則として期末までに支給され、その期の経費に計上される。資金繰りの都合などによって、期末に未払いとなる場合は、次の3つの条件を満たせば未払い賞与として、その期の経費に計上できる。3つの条件とは、(1)支給額を各人別に期末までに通知していること (2)期末から1ヵ月以内に通知した人すべてに支給すること (3)支給額をその期の経費として計上していることとなっている。

実際の賞与支給日までに支給対象の社員が退職するなどの理由で一人でも支給されなかった場合は、未払い賞与全額の経費計上が認められなくなるので注意が必要となる。