法人番号

法人番号とは、企業などの法人を識別するために指定される13桁の共通番号のこと。2013年5月に成立した「マイナンバー法(番号利用法)」にもとづき、個人を対象にしたマイナンバーと同時に2016年1月から導入される。「法人版マイナンバー」とも呼ばれる。

法人番号が指定されるのは、設立登記している法人のほか、国の機関と地方公共団体、および給与の支払いを行っている団体など。2015年10月以降、国税庁より各法人にそれぞれの法人番号が通知される。なお、設立登記法人の場合、既存の12桁の会社法人等番号の前に、1桁の検査用数字を加えた番号となる。これまで、企業に割り当てられる番号としては、会社法人等番号のほか、労働保険番号、社会保険事業所整理記号と事業者番号など、省庁ごとにさまざまな番号が用いられてきたが、これらを共通化することで、行政の事務手続きの効率化を図るのが狙い。

なお、個人のマイナンバーとは異なり、法人番号は利用用途の制限がなく、民間でも自由に利用することが認められている。国税庁のホームページ上では、各企業の商号、所在地、法人番号の3情報を公表することを予定している。