流動比率

流動比率とは、流動負債(1年以内に支払い期限の来る負債)の額を、流動資産(1年以内に支払い手段となる資産)がどれくらい上回っているかを示し、その企業にどの程度支払い能力があるかを表す指標である。流動比率(%)=(流動資産÷流動負債)×100で計算される。一般には200%、つまり流動負債の倍以上の流動資産を所有していることが望ましいとされているが、上場企業の平均は120%程度となっている。流動比率が100%を下回るような状況では、支払いに固定負債(支払期限が1年を超える負債)や自己資本が使われていることになり、安全性も危惧される。この比率が大きいほど、その企業の経営は安定しているといえる。しかし、流動資産には商品や製品などの在庫も含まれるため、これらの資産は1年以内に資金化されない場合もある。流動資産が大きくそれによって流動比率が大きい場合にはこのようなことも考慮しなければならない。