浮動株

浮動株とは、安定的に保有されている株式ではなく、市場の変動を予期して利益を得るために市場で自由に売買されている株式のこと。対義語は「少数特定者持株」や「特定株」、「固定株」などと言われ、経営権を握るため、業績や株価に変動されることなく安定して保有される株のこと。浮動株が多い銘柄は、株価がその銘柄の評価を表すことが多いが、固定株が多い銘柄は、少ない取引でも株価が大きく変動するため、評価以外の株価の乱高下を引き起こしやすいという特徴がある。各銘柄の浮動株と固定株の比率は四季報などに明記されている。また、浮動株指数とは、親会社が保有している株や金融機関との持ち合い株式など固定株を除き、市場に流通している浮動株だけを対象として算出する指数のことで、1990年代後半以降世界の主要市場の株価指数は浮動株指数をベースに算出されている。