相対取引

【 OTC取引 】 Over The Counter / 相対売買

相対取引とは、株式の売買方法のひとつで、当事者間の1対1の売買取引のこと。売り方と買い方が互いに売買の相手を選び、証券取引所を通さずに、直接当事者間で取引を行う。

証券会社の店頭で取引を行う店頭株式の取引方法でもある。顧客と証券会社、または証券会社同士が売買をする当事者間で個別に取引条件を決めることができ、数量や価格、決済方法などを交渉することができる。よって、証券会社が投資家から債券の売買注文を受けた場合は、証券会社自らが直接の売買の相手方となって取引を成立させる。対義語は委託売買

また、東京証券取引所商品先物取引の取引所での売買は、一定のルールの下に多数の売り手と買い手が売買を行う競売買(競争売買)となっている。