相殺

相殺とは、相殺とは、互いの貸し借りを打ち消しあうこと。二者がお互いに対して債権を持っている場合、その債権を相殺して生まれた差額だけを受け渡しすることで、債務を履行することができる。

ただし債権、債務を相殺する場合、その債権、債務が同種のものであること、対立している債権が有効で、相殺する側の自動債権が弁済期に達していることなどの条件を満たしていなければならない。なお、相殺される側の債権を受動債権という。

相殺の意思表示をする場合、対象債権、金額、弁済期、相殺後の残存債権を明記して、内容証明郵便で通知する。