相談役

【 顧問 】 カウンセル / オブザーバー / 参与

相談役とは、企業での役職のひとつで、企業の経営陣が経営の方針などについて意見を必要としたとき、それに応えて助言をする役割を担っている。また、取締役に内定した者が株主総会で正式に任命されるまで、顧問におさまる場合もある。

引退した元取締役、高級官僚、コンサルタント、会計士、弁護士など企業内外の者が、常勤もしくは非常勤のかたちで勤める。このとき経営にも参画していれば取締役となって、税法上は役員となり、経営に参画していなければ役員とはならない。

なお、相談役には企業内部の元取締役がなり、顧問には弁護士など外部から有用な情報などをもたらす者がなる傾向にあるが、はっきりとした線引きはない。