短期貸付金

短期貸付金とは、勘定科目で用いられる流動資産の部の仕訳のひとつで、取引先や仕入先、また役員従業員に資金を貸し付けた場合に発生する資産のこと。決算期後1年以内に返済予定であるもののことをさす。勘定科目は取引の内容によって分類する計算の単位であるため、勘定科目やその内容は、変更すると期間比較などが困難になるほか、経営分析などを行う際にも影響がでるため、一度決めたら基本的に変更はしない。短期貸付金は特に、売掛金前渡金立替金との区分が困難な場合が多いため、明確な説明ができるよう統一しておく必要がある。また、長期貸付金のうち、返済期限が1年以内にあたるものは短期貸付金へ振り替え、一時的な立替払いは立替金の勘定科目を使用するようにする。