税務会計

tax accounting

税務会計とは、税法、特に法人税法の規定に従って課税所得および税額を計算することを目的とした会計企業会計のような財務諸表の作成や報告を目的としておらず、租税負担の配分基準となる課税標準の算定を目的としている。部門によって3つに区別することができ、所得税務会計、財産税務会計、消費税務会計の3つである。さらに所得税務会計は、法人税所得税務会計、個人所得税務会計の2つに区分される。税務会計は利害調整のために機能しており、課税の公平さを規すための役割を現実的に担っている。