種類株式

【 クラスストック 】 種類株

種類株式とは、株主の権利が普通株主とは異なっている株式のこと。株式は、大きく分けて普通株と種類株に分類できるが、普通株と比較して、さまざまな権利が優先、または制限されており、定款で定める目的を持っているものが種類株式となっている。

種類株式の具体的な権利規定として、剰余金の配当規定、残余財産の分配規定、議決権制限規定、譲渡制限規定、取得請求権規定、取得条項規定、全部取得条項規定、拒否権規定、役員選任権規定の9種類がある。

議決権がない代わりに、配当や会社が解散した場合の残余財産を優先的に受け取る権利をもつ優先株や、配当や残余財産を受け取る権利が普通株の後に制限される劣後株、特定の事業部門や子会社の業績に株価を連動させて、利益配当を行うトラッキング・ストックなどが種類株にあたる。トラッキング・ストックの場合、株式の発行は親会社が行うため、調達した資金は親会社に入る。

その他の種類株式としては、混合株式、償還株式、転換予約権付株式、強制転換条項付株式、無議決権株式、議決権制限株式などがある。種類株主に損害を及ぼすおそれがある場合には種類株主総会が実施される。