立替金

立替金とは、勘定科目で用いられる流動資産の部の仕訳のひとつで、取引先や仕入先、また役員従業員に一時的に金銭を立て替えたときに発生する。取引相手が払うべき発送費や支払運賃を自社で一時的に立替えたとき、従業員の給料を一部前払いするときなどに立替金を使用する。

例えば従業員に給料の前払いとして5万円を支払ったとき、借方には立替金50,000、貸方には現金50,000を記入する。この立替金を給料日に給料から天引きすることで回収した場合、借方には給料250,000、貸方には立替金50,000と現金200,000を記入する。