管理会計

managerial accounting

管理会計とは、管理会計は、企業の経営管理者に提供される会計情報を取り扱う。経営者や管理責任者などの企業内部者を会計情報の利用者とするので、内部報告会計とも言う。経営者や経営管理者が経営目的の達成計画を設定し、またこれらの目的を達成するために行う意思決定に貢献するための資料を提供し、組織の効率性を高めることを目的とし行われる会計である。経営者の目的に沿う情報を提供するため、必ずしも会計基準や関連法規に従わなくてもよい。定められたルールがないため、それぞれの会社に適した仕組みをつくることが可能である。ある程度の見積・概算を行ってでも迅速性が要求される。報告形式としては、専門的な用語や形式は極力避け、説明式の報告書やグラフの活用を図る。