粗利益率

【 売上高総利益率 】

粗利益率とは、粗利益売上高で割ったもの。計算式は「(粗利益÷売上高)×100(%)」。

企業の売上高に対して、粗利益が占める割合を示す指標である。粗利益率の平均値は業種により異なるため、同業他社と比較することにより、市場における商品や製品の力を評価することなどができる。

また、ここでの「粗利益」とは「売上総利益」とも呼ばれ、ある会計期間における売上高と売上原価との差額を意味する。商品や製品そのものの儲けを意味し、計算式は「売上高-売上原価」である。

ただし「売上原価」は売上高の内訳によって異なる。売上高が商品によるものならば、売上原価は他社からの仕入原価で成るため、粗利益は「売上高-仕入原価」となる。一方で売上高が製品によるものならば、自社における製造原価から成るため、粗利益は「売上高-製造原価」となる。