総資本回転率

【 総資産回転率 】

総資本回転率とは、資産や資本に対して売上がどれくらいあげられたのかを表す指標。事業に投資した資本や資産は売上によって回収されるが、資本や資産の額まで売上があがれば1回転とする考え方。総資本回転率によって企業が資本や資産をどこまで効率的に活用できているかをみることができ、株式投資などの時に参考となる。

算出式は「総資本回転率(総資産回転率) = 売上 ÷ 総資本(総資産)」となっている。例えば総資本が1000万円の企業が売上を500万円あげたとき、総資本回転率は0.5となる。薄利多売の企業であるほど総資本回転率は高くなり、厚利少売であるほど低くなる傾向にある。業種によって戦略が異なるため、異業種間で総資産回転率を比べてもあまり意味を成さず、同業種間で比べたときに有効となる。