総資本

総資本とは、負債(他人資本)と資本(自己資本)とをあわせたもの。負債(他人資本)とは企業が経営活動に伴い負っている債務のことで、具体的には買掛金借入金未払金前受金、商品券、預かり金、社債などがある。資本(自己資本)とは出資者からの出資とその増加分のことで、具体的には資本金資本準備金利益準備金任意積立金未処分利益などがある。企業の一定時点における資金運用形態つまりは各種の資産と、資金の調達源泉つまりは総資本の流れを示す財務表である貸借対照表においては、調達した総資本額は現に運用している総資産額に等しくなるとされる。このことから資産=総資本(負債+資本)という式が求められる。この式は貸借対照表等式と呼ばれ、簿記においては最も基本的な等式である。