総額表示

総額表示とは、商品の価格を消費税込みにした価格で表示しなければならない制度のこと。2004年の4月から消費税総額表示制度が義務付けられており、値札や広告などで商品の価格表示は内税にして表示しなければならない。

総額表示は、価格表示によって消費者に生じていた煩わしさを解消し、商品の価格が一目でわかることを目的にして、小売店などに義務付けられた。総額表示の対象となるのは、商品、値札、店内表示、カタログ、チラシ、広告、テレビ、インターネット、新聞、雑誌など表示媒体は問わない。

なお消費税免税事業者は、取引に課される消費税がないので、総額表示義務の対象となっていないが、仕入れに係る消費税相当額を織り込んで価格を表示することが適正な表示となる。