老年者控除

老年者控除とは、65歳以上で合計所得金額が1,000万円以下の人に適用される控除制度のこと。老年者控除は2005年に廃止となったが、公的年金等の収入における最低控除額の70万円が、65歳以上の場合、50万円加算されて120万円となる特例措置が設けられた。同時に特定の公的年金から源泉徴収する際の控除額も引き下げられた。

老年者控除の廃止により、公的年金等の所得から控除される額のうち、65歳以上の人に対して上乗せされていた部分がなくなり、定額控除は100万円から50万円に、最低控除額は140万円から70万円にそれぞれ引き下げられることとなった。