自己資本比率

自己資本比率とは、資産総額に占める自己資本の割合のことで、貸借対照表に記載されている財務指標の1つ。(自己資本/総資本(自己資本+他人資本)×100)で算出する。「株主資本比率」とも言われる。

自己資本とは、株券を発行して調達した資本金資本準備金、利益の一部を積み立てた剰余金などの総称のこと。自己資本は返済する必要がないため、自己資本比率が高いほど企業の財務的な安全性が高く、経営が安定し、健全であるとされる。

一般的には自己資本率が70%以上の企業を「理想企業」といい、40%以上なら倒産しにくい企業といえる。自己資本率を高めるためには、利益剰余金を増加させること、固定資産や在庫など計算式の分母にあたる総資本をコントロールして小さくすることなどが考えられる。