自然独占

自然独占とは、ある財の市場を一者によって占める独占という状態のうち、故意ではなく、規模の経済範囲の経済といった原理が働くことで自然と独占の状態になること。独占市場の状態では、完全競争市場が維持されていれば、独占禁止法の対象にはならない。

規模の経済が発揮される状態では、生産規模が上がることで、製品ひとつひとつを算出するコストが下がるため、価格競争力が高くなる。また範囲の経済とは、同じ設備を用いて関連する異なる製品を製造することで、規模の経済同様、製品あたりのコストを下げることで実現する。

一方、一企業によって他の事業者の活動を支配もしくは妨害することで、独占状態を維持するための措置を講じる私的独占は独占禁止法により規制されている。