行政処分

【 行政行為 】

行政処分とは、行政機関が国民の権利や義務に影響を与える行為全般のことを指す。許認可権限を規定した法律に基づいて、法律上の効果を発生させる。国民の権利を制限する下命、禁止、反対に国民に権利を与える許可、免除、認可などの行為がある。

例えば営業許可、停止、運転免許の許可、停止、取消し、納税の免除など様々な行政処分がある。

行政処分には行政機関が取り消さない限り有効となる公定力があり、国民は従う必要がある。ただし、受けた行政処分の内容に不服がある場合は、通知を受けた日の翌日から60日以内であれば、異議申し立てができる。異議申し立てによっても行政機関が処分を取り消さない場合は、裁判によって争うことができる。