製品ライフサイクル

製品ライフサイクルとは、製品ライフサイクルとは、製品が市場に導入されてから撤退するまでの期間を指す。製品政策だけでなく広告、価格設定といったマーケティング戦略のもととなる。製品ライフサイクルは売上高や利益の水準、あるいは他社との競争状況によって導入期・成長期・成熟期・衰退期の四つに分けられる。導入期とは製品が市場に出された段階で、認知度や売上げは低水準である。そのため広告や宣伝活動に重点がおかれる。この段階で利益はなく、広告費や製品の開発費といった始動コストは未回収で、多くが赤字で始まる。成長期になると製品が市場に浸透して売上げが急速に伸び、製造工場の操業率も上がるのでひとつあたりの製造コストは下がる。そのような要因から利益が出る段階である。ただし競争企業の競合製品が市場へ参入してくるため、差別化を図るためにプロモーションに重点が置かれる。この後半に利益がピークを迎える。成熟期は売上げの伸びが鈍くなる段階で、飽和状態にある需要を競争企業同士が奪い合うため、基本的性能で革新的な向上がない限りは広告などによるイメージが売上げを左右することになる。衰退期になると製品への需要がなくなっていき、売上げと利益が急激に下降するため市場から撤退するタイミングを計ることが重要になる。