製造原価

【 製品売上原価 】 製品原価

製造原価とは、売上原価のひとつで、商品などの製造原価を算出することで表す売上原価。

期首製造棚卸高+当期製品製造原価-期末製品棚卸高

というように算出する。当期製品製造原価は標準原価計算もしくは実際原価計算の手法によって計算される。標準原価計算や実際原価計算で原価差異が生じた場合は、以下の3つの方法で処理する。

(1)原価差異が少額の場合は、材料受入価格差異以外は原則として当期の売上原価に賦課し、材料受入価格差異は当期材料払出高と期末材料在高に配賦する (2)原価差異が多額の場合は、当期売上原価と期末棚卸資産に科目別に配賦する (3)標準原価計算制度での数量差異等で異常な状態に基づくと認められるものは、営業外損益または特別損益とする。

なお商品売上原価は商品の仕入原価を算出することで表す売上原価のこと。