複数議決権株式

複数議決権株式とは、株主が1株で複数の議決権を行使できる株式のこと。創業者や経営陣が複数の議決権を持つことで、外部からの敵対的買収を防衛する策になる。例えば1株1個の議決権をもつ株式と、1株100個の議決権をもつ種類株式を用意して、創業者や経営陣が1株100個の議決権を持つ種類株式を所有することで、株主総会での議決を有利にすることができる。

複数議決権株式の発行は2010年現在禁止されているが、経済産業省東京証券取引所に解禁の要請をしており、将来認められる可能性がある。