議決権

議決権とは、株主が株主総会の決議に加わる権利のこと。株主総会では経営者や株主から議案が提出されるが、投票によってそれに対する賛否を示す権利が議決権である。株主の権利は会社から経済的利益を受ける自益権と会社の経営に参加する権利である共益権からなるが、議決権は共益権の中核をなす。基本的には1株につき1個の議決権が与えられており、これを1株1議決権の原則という。ただし、単元株制度が採用されている場合には、1単元につき1個の議決権が認められる。このとき、単元株未満の株式に議決権は認められない。また、自己株式相互保有株式などには議決権はない他、議決権がない代わりに優先的に配当を受けられる種類株式などもある。