負債比率

【 レバレッジ比率 】 ギアリング比率

負債比率とは、企業の自己資本(自己資金)に対し、何倍の他人資本(借入)を使用しているか、負債の割合を示す比率のこと。貸借対照表の貸方側の構成を表す。自己資本に他人資本(借入)を加えて運用することで、自己資本のリターンを高める効果をレバレッジ効果と呼ぶが、その比率のことと同義であるため、レバレッジ比率や負債比率ともいわれる。企業の財務の安全性を判断する目安になる指標で、計算方法は(短期借入金+長期借入金+社債転換社債)÷自己資本×100。カッコ内の計算は、他人資本(借入)を求める式となる。また、信用取引などで使用されるギアリング比率は、自己資金に対し何倍の資金を運用しているかを意味することもあり、その場合の計算方法は、運用資本(自己資金+借入)÷自己資金 × 100となる。