販売促進費

【 販促費 】

販売促進費とは、企業会計上の勘定科目のひとつで、売上を奨励するための費用のこと。広告宣伝費などと並んで販売費及び一般管理費の中のひとつであり、販売促進費として販売手数料販売奨励金などがある。

販売手数料は、成立した販売契約に対する仲介料などのことで、販売奨励金は売上増加を目的とする取引先への支出のこと。

広告宣伝費とは特に明確に区分されていないが、マス広告など売上と間接的に結び付くものが広告宣伝費、販売手数料など売上と直接的に結びつくものが販売促進費となる傾向にある。企業がそれぞれの判断を持って仕訳しており、どちらにしても税務上の差異はない。

販売促進費と交際費に関しても共通するものがあり、区分けがあいまいとなる場合があるが、販売促進費は税務上損金となり、交際費は損金とならないため、仕訳の際には注意が必要となる。販売促進につながる費用であっても、得意先の役員従業員に対する接待や贈答などは交際費であり、販売促進費にすることはできない。