貯蔵品

貯蔵品とは、勘定科目で用いられる流動資産の部の仕訳のひとつで、原材料や商品以外のもので製造、営業、事務用などに購入した未使用の消耗性資産のこと。一般的には燃料や包装用材料、発送荷造り用材料や消耗工具、事務用消耗品など1年以内に消耗するもののことをさす。勘定科目の原材料と区分することが難しい場合がある。商品や仕掛品と同じ棚卸資産の分類に入るため、年度末にまとめて計上することが多く、年度途中の月次決算では前期末金額をそのまま計上する場合が多い。勘定科目は取引の内容によって分類する計算の単位であるため、勘定科目やその内容は、一度決めたら基本的に変更はしない。変更すると期間比較などが困難になるほか、経営分析などを行う際にも影響がでる。