貸方科目

【 貸方 】

貸方科目とは、取引があったときに複式簿記記帳する仕訳の位置のこと。これにより、財産の動きや、財産がどこからきたのかがわかりやすくなる。貸方は伝票や帳簿の右側に記載され、左側には借方科目が記載される。貸借対照表損益計算書では、どの勘定科目が借方で、どの勘定科目が貸方なのか、勘定科目ごとに記載される位置が決まっている。大別すると、負債や資本収益といった、財産の動きや入手方法をあらわすのが貸方であり、資産や費用といった、財産の形や使われ方をあらわすのが借方であるといえる。

すべての簿記の取引は、貸方と借方がセットで表示されることになる。例えば、取引があり、商品売上代金が10,500円(内消費税500円)であった場合、簿記の左側の借方科目には現金として10,500円を計上し、右側の貸方科目には売上高として10,000円と仮受消費税等として 500円の2項目が計上される。また、現金で土地を購入した場合など、資産を使って資産を購入する場合は、借方科目には土地としてその金額を、右側の貸方科目は無記入、さらに、左側の借方科目を無記入にして、貸方科目には現金として同じ金額を計上するようになる。トータルは変わらないが、取引のやりとりがあった場合はそれぞれ計上するようになる。