資本剰余金

資本剰余金とは、新株発行などの資本取引によって増資し、発生した剰余金のことをいう。資本準備金とその他資本剰余金から構成される。

資本準備金とは株式を発行しその払込を受けた金額のうち、資本金に繰り入れずにおく額のこと。資本金の1/2未満の金額を資本準備金とすることができる。資本準備金は会社法によって積み立てることが義務付けられており、利益準備金合計した額が資本の1/4を超えた時は、資本剰余金に振り替えることができる。

資本準備金として積み立てることが必要とされているもの及びその他資本剰余金から配当する場合で、利益準備金と合わせて資本金の額の1/4に達していないときに計上しなければならない。

その他資本余剰金は資本準備金の取崩しによって生じる剰余金のこと。