資本的支出

資本的支出とは、会計上、固定資産の使用可能期間を延長させたり、価値を高めたりする支出のこと。資本的支出にあたる金額は、ひとつの減価償却資産として償却する必要がある。例えば、建物の避難階段の取付など物理的に付加した部分に要した費用や、用途変更のための模様替えなどの改造、または改装に直接要した費用などが資本的支出にあたる。建物の増築、構築物の拡張、延長などは建物の取得にあたり、資本的支出にはならない。

なお、資本的支出とよく似ているものに修繕費があるが、修繕費は固定資産についての通常の維持管理や原状回復のための費用のことをいい、会計上区別しなければならない。修繕費は資本的支出とは異なり、一時の損金として費用化される。