資本

資本とは、事業をするうえで元手となるお金のこと。例えば株式会社では会社を設立するうえで資本金を必要とし、株主から事業に供するお金を集め、資本金としている。株式会社は資本金の金額を登記貸借対照表に明示する必要がある。

また、経済学の分野では資本は、土地、労働とならんで生産要素のひとつとして位置づけられており、資本を蓄積することで、生産活動を拡大することができるものとしている。資本には土地や設備と言った固定資本、お金、製品の原料、ヒューマンキャピタルといった流動資本に分類される。

会計上では、貸借対照表で総資産と負債の差額を資本と呼んでいたが、近年ではこの部分のことを純資産と呼ぶようになっている。純資産は資本金、資本剰余金利益剰余金などから構成される。また、総資産のうち、返済義務のないものが自己資本、返済義務のあるものが他人資本となっており、負債とも呼ぶ。