逆三尊

【 三尊底 】

逆三尊とは、株式や為替相場のチャートパターンのひとつで、3回にわたって安値を付け、そのうちの真ん中が最も安値になっている形のこと。

逆三尊の形が現れると、相場は下降トレンドから上昇トレンドに転じたと見ることができる。3つ目の谷が最も低い2つ目の谷よりも下回らずにとどまったのを受け、底をつけたとして判断されるために上昇トレンドになるとされる。逆三尊の3つ目の谷が現れた時が、買い時となる。

谷が2つで、2つ目の谷が1つ目の谷よりも浅い形のチャートパターンをダブル底といい、これも下降トレンドから上昇トレンドに転じるサインとされる。反対に3つの山を形成し、真中が最も高いパターンのチャートを三尊と呼び、上昇トレンドから下降トレンドに移るサインとされている。