銀行印

銀行印とは、銀行口座を開設するときに届け出る印鑑のこと。窓口で預金を引出したり、小切手を振り出す際に必要。通帳と銀行印があれば本人でなくても金銭を引出すことができてしまうので、盗難などには要注意。印鑑の種類は特に指定されておらず、「三文判」と呼ばれる安価なはんこでも実印でも利用できる。