長期繰延税金資産

長期繰延税金資産とは、企業会計上、バランスシート(貸借対照表)で使用される、固定資産の部の「投資その他の資産」の仕訳のひとつのこと。繰延税金資産のうち、長期のものを管理するための勘定科目で、流動資産の部に計上される繰延税金資産以外のものが仕訳される。実際の会計上の収益や費用と、税務上の益金損金との認識の食い違いを解決するため、法人税住民税事業税、所得割額などに適用される税効果会計により、将来、減算または加算される見込みの税金の額(一時差異)を計上する。また、例えば、バランスシートへ税金減算予定額を繰延税金資産として計上した場合には、損益計算書における法人税等調整額で、当期の税金額を減少させる調整を行う必要がある。