間接金融

indirect finance

間接金融とは、金融機関を介した金銭の融通。大企業など社債などを発行できる場合は直接金融により資金調達を行うことができるが、一般には間接金融によって資金をやりとりする。直接金融では資金の出し手と受け手の関係がシンプルだが、受け手が出し手を探す手間が必要だったり、出し手が受け手の与信をするリスクがある。一方、間接金融では金融機関が仲介することで手間やリスクが軽減される。