限界利益

限界利益とは、売上高から変動費を控除して計算される利益のこと。変動費とは、売上に応じて変動する費用(材料費、直接労務費など)のこと。限界利益には固定費(費用のうちおおよそ変動費以外のもの、減価償却費や人件費等)が含まれており、固定費回収に貢献する利益という意味で貢献利益と呼ばれることも多い。つまり、期間的に発生してしまう固定費を回収して、利益を出すための限界の利益。なお、限界利益が固定費と同額になる売上高を損益分岐点売上高と言う。また、限界利益の売上高に対する割合を限界利益率という。企業が利益をあげるには、限界利益率をあげるか、固定費を抑えるかである。

*限界利益=売上高-変動費

*限界利益=固定費+利益

一般的には管理会計で利用されるために、P/L(損益計算書)には反映されないことが多い。