除却

【 資産除却{しさんじょきゃく} 】

除却とは、建物などの有形固定資産を取り壊すことで失う際の、会計上の処理のこと。取り壊した時点の資産の時価固定資産除却損として処理する。通常特別損失に分類される。

除去は、取り壊しを意味するため、固定資産除却益になることはない。固定資産を売却することで手放す場合は、固定資産売却損もしくは固定資産売却益のいずれかになり、利益を出すこともあり得る。