隠密介入

【 覆面介入 】

隠密介入とは、通貨当局が市場に知らせないで為替介入をすること。外国為替市場を操作する目的で実施される。急激な為替の乱高下は日本企業の経営悪化を招き、日本経済に影響を及ぼすため、日本では日銀が円相場を安定させるために為替介入をすることがある。資金は外国為替資金証券を発行することによって得る。購入した外貨は外貨準備金となる。

為替介入は1990年代半ばから日銀が介入後すぐに公表するかたちで実施されていたが、2003年に円高を抑えるため隠密介入が実施され、日銀によって米ドルが買われた。この隠密介入によって国際的に批判を受けた。