雑収入

雑収入とは、企業会計上、損益計算書で使用される勘定科目の、営業外収益の部の仕訳のひとつ。本業の売上高以外の収益で、小額であり、他のいずれの勘定科目にもあてはまらない重要性の低いものを雑収入の勘定科目へ計上する。雑収入の勘定科目へ仕訳される内容や基準は、会社によって異なるため、あらかじめ統一しておく必要がある。消費税を処理する際に生じた消費税差額も計上することができる。他にも、受取家賃や副産物の売却代金、駐車場賃貸収入、保険金や損害賠償金の受取、スクラップの売却代金や自動販売機の設置手数料、代理店手数料収入、決算期に起こる原因不明の現金過不足残高などが仕訳される。計上方法の例としては、不用品が6,000円で売却でき、現金で受け取った場合、左側の借方には現金6,000円を計上し、右側の貸方には雑収入6,000円を計上する。